江黒俊介のブログ 企画やイベント・仕事から日々のできごとまで、ほぼ毎日更新中

ただただ夢に向かって走れ!

2019年01月13日

カテゴリー:日々のできごと

最近「えっ?」というような方たちに
立て続けに出会っています。

今までもそれなりには
すごい人たちに会ってきた
そんな私でも、
ここ最近の出会いの数と
その方たちのラインナップに
びっくりしています。

不思議なもので、
自分の中でここ数年の間
煮詰まってきていたものが
あふれ出てきて、
2019年は徹底的にやるぞ、と
久しぶりに聖域なき戦いに
臨む覚悟ができたら…

自然と人との出会いも
今までとは次元が変わったレベルで
起きています。

自分が変わると
引き寄せるものも人も変わるんだな、

経験上知っていたことですが、
改めてそれが体感できています。

グローバルな青春時代を経て、
20代前半からは
地方に引っ込んでの
地域密着型ビジネスに没頭し、
もともとは尖っていた
自分というものが

いつの間にか
地方の狭い社会の枠組みとの関係性で
守りに入っていたんだな、
それを最近出会う人たちに
気づかされています。

まあ客観的に考えても、
人並み以上には
いろんなことはやっていますし、
他の人がやれないことも
やってきてますし、
クリエイティブな人生ではありますが、

それでも若い頃に比べると
守りに入っているところが多いことに
気づき…

それは歳をとって
「賢くなった」とばかりは
言えないな、と思いました。

確かに地方の常識って、
その地域だけの常識で
グローバルスタンダードどころか
日本の常識というレベルでも
ないんだよな、と。
時代の流れに
どうしてもちょっと乗り遅れるのが
地方にいる弊害なんだよな、と。

それをなんとかしようと
あえて地方に来たのに
いつの間にか自分も
それに流されそうになってる。

そんな気づきを
日本の第一線で活躍されてる方たちとの
出会いの中で感じました。

意外でしたが、
器用に適応しちゃってたんですね(笑)

改めて自分の情熱はどこにあったのか、
何をするためにここにいるのか、
これからどこに行くのか。

公私ともに色々な変化がある今だからこそ
自分を再構築するチャンスでもあります。

最初の志と熱狂から冷めてしまい、
いつの間にか
地方都市に引きこもって歳を重ね…
自分の中にあったそんな側面に
気づきました。

まさかそれって最悪だな、と(笑)

まさか自分の中に
隠居老人のような側面があるとは
認めたくないので(笑)

2019年は自分のパッションに忠実に。

みんなの夢を叶えるために
熱狂して命の炎を燃やします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Contents
  • 編集部FacebookFacebook
  • レポーターInstagramInstagramFacebookFacebook