お店検索
 
  • ハウディーズ新着情報
  • お気に入りに追加

まちの「美人」を探せ!ハウディーズの「月美人」
この「月美人」企画は、美人弁天を中心とした町おこしを目的としております。まちの元気を支える女性のみなさんに、毎月スポットライトを当てて、地域活性化を目指します。
美人弁天とは?
美人弁天像
足利市の本城2丁目にある名所。
足利には多くの弁財天があり、足利の領主である長尾氏によって保護されたことから、 「長尾の七弁天」と呼び伝えられている弁財天があります。
「美人弁天」は、「長尾の七弁天」のひとつと言われる厳島神社(明石弁天)です。「女性はみんな美人」という弁天様の想いから発行される「美人証明」には大きなご利益があります。
美人弁天ホームページはこちら
今月の「月美人」平成21年3月 今月の「月美人」「上州屋餅店」の高橋さん
「上州屋餅店」
高橋 恵子さん

 先日ある市外の方がおっしゃっていましたが、「歴史だけは、お金や努力ではつくれないものですから、歴史を持っているまちというのはそれだけで素晴らしい」とのこと。「美人弁天」がある足利市は、その類い稀な、素晴らしい歴史と文化を持つまちなのです。

 今月の月美人、高橋恵子さんは、そんな歴史と文化のまちにふさわしいお店の女将さんです。

 創業明治40年、100年を超える老舗である「上州屋餅店」さんは、国産の質の良い素材にとことんこだわり、自家製粉の新粉でつくる団子にあわもち、そして知る人ぞ知る栃木産の大納言小豆をつかった美味しい「豆大福」等で、足利市内の方には馴染み深いお店です。

 足利で生まれ育ち、お嫁にいらしてからは女将さんとして「無我夢中」でひたすら仕事にはげんで30年。「年を経て、今は更に仲が良い」と笑顔でおっしゃるその姿を拝見すると、上州屋さんのお菓子が美味しいのも納得、です。「美人弁天」のいうところの「内面の美しさ」が、お菓子はもちろん、お店全体にも溢れているからです。

 「良いものをお客様に提供するために」素材はもちろん、同じお米でも一様ではないわずかな水分量にも日々真剣にこだわり抜き、「もうけは2の次」とまで言い切ってしまう職人肌のご主人の「仕事に対して一生懸命な姿」を見ては、『「偉いな」と思っています』とおっしゃる高橋さんの言葉から伝わるメッセージ。そこには、この歴史と文化のまち「足利」の本当の良さが感じられます。

 「単純なものほど差が出る」という和菓子の世界。ご夫婦ご家族で誠実に、誠意を込めてつくる上州屋さんのお菓子は、市内の方はもちろん、市外からも大勢の方が買いにいらっしゃっています。あの人間国宝として知られる、歌舞伎役者の5代目中村富十郎さんも、奥様が佐野の方というご縁から上州屋さんのあわもちを好まれているとのこと。控え目な高橋さんですが、聞けば聞くほど、びっくりするようなお話が出てきました。やはりそこが老舗の凄さなのでしょう。

 歴史と文化のまちの良さと、職人魂ともてなしの心が守る老舗の伝統の味、そしてそれをより良いものにする今月の月美人さんの内助の功ー今回の取材を通じて、「本当に良いもの」とはどんなものかを教えて頂いたような気がします。(お土産にいただいた大福とあわもち、ほっぺが落ちそうな美味しさでした)

 今月もまた、素晴らしい「月美人」の取材ができました。「美人弁天」を中心としたまちおこしの企画です。皆様、どんどん自薦・他薦に関わらず、まちで頑張られている元気な女性をご紹介下さい。


上州屋餅店さんのホームページはこちら


「上州屋餅店」さんの外観 高橋さんとご家族 栃木産の大納言小豆を使った豆大福

上州屋餅店さんの外観。看板はその歴史を感じさせます。

 

高橋さんもご家族の皆さんも笑顔が素敵です。この笑顔にお店の誠実さがうかがえます。

 

大納言小豆をつかった「豆大福」たっぷりの餡にもかかわらず、上品な甘さでした。

ハウディーズの「月美人」バックナンバー

◆ 2009年2月 マツモト写真 松本さん
◆ 2009年1月 フタバ堂 兵藤さん
◆ 2008年12月 足利市 山岸さん
◆ 2008年11月 ハートメガネ 鈴木さん
◆ 2008年10月 建築 浦山 浦山さん
◆ 2008年9月 あしかがかえん 金子さん
◆ 2008年8月 カーテンハウス ウィンドーズ 茂木さん
◆ 2008年7月 SARAシルバー工房 緑川さん
◆ 2008年6月 季節料理「柚子の木」 野崎さん
◆ 2008年5月 レストランヴィーヴル 山崎さん
◆ 2008年4月 足利産とちおとめ生産者 廣田さん
◆ 2008年3月 spellbound flower studio 塩田さん
◆ 2008年2月 ヘルスアップ 阿佐美さん
◆ 2008年1月 グッド☆ジョブ株式会社 山藤さん


美人弁天祭 バックナンバー

◆ 2008年12月 第二回 美人弁天祭
◆ 2007年12月 第一回 美人弁天祭

美人証明

美人証明は、美人弁天で発行される、「美人」 「女性の心のやさしさ」 を証明するお守りです。恋人や、奥様、お母様への贈り物に最適です。弁天のご利益を持つ証明書です。
毎月第1・第3日曜日は、六角の宮開扉日です。
お参りにいらした方には、「美人証明」を差し上げます。

美人弁天ホームページはこちら   
月美人コンテスト参加者募集!

<自薦はもちろん他薦も可>

〜私、またはあの人こそ!と思う方をどんどんご推薦ください〜

まちで頑張り、輝いている足利市または両毛地域の「心やさしく」「心美しい」女性を募集しています。
[賞品]コトラミートカルチャの「下野牛」/東京食品産業の商品/新鮮洋菓子ロアの商品券/ハウディーズ掲載店商品券/そしてもちろん「美人弁天認定証」をプレゼント!

【協賛会社のご紹介】
(株)コトラミートカルチャ
安全で美味しい牛肉を多くの店舗に提供しています。
自社直営牧場でのオリジナル牛肉の生産をしております。高品質の牛肉(下野牛)は、贈答用としてもお使いいただけます。全国発送も承ります。
東京食品産業(株)
カレーは美味しいエスビー食品
香辛料はエスビー食品
四季のお菓子ロア
地元のお土産として喜ばれています。看板商品の「大麦ダクワーズ」・「バウムクーヘン」などの大麦を使った商品は、素朴ながら食感が最高です。ヘルシーでお友達へのちょっとしたプレゼントにも!!足利の名物です。

応募方法 写真1枚と、自己PR文、住所、氏名、TELを明記の上、 下記迄郵送かE-mailにてご応募ください。

〒326-0814 栃木県足利市通2丁目2631 2F ハウディーズ(株) / info@howdys.co.jp
 
主催:美人弁天町おこしの会  協力:ハウディーズ編集室  
 
美人弁天へのアクセス
     
 
毎月第1・第3日曜日 六角の開扉の日は楽しい日 「美人証明」を差し上げます

毎月第1・第3日曜日は、
六角の宮開扉日

◇是非毎月第1・第3日曜日にお参り下さい◇

毎月第1・第3日曜日は、六角の宮開扉日です。
ご家族やお友達とお気軽にお立ち寄りいただき、おくつろぎ下さい。
日本にひとつしかない「美人弁天」です。心のやさしい「美人弁天」を手で撫で、「弁天力(健康・長命・美)」を感じ取ってください。
明石弁天 厳島神社
(栃木県足利市本城2丁目1855)
◇ 東武足利市駅/JR足利駅から 徒歩 約20分
 
美人弁天(明石弁天)の地図
 
 
美人弁天を訪れた方の声

いつも日曜日と2の日には「美人弁天」に来ます。 毎回、いいお天気に恵まれ、気持ちよくお参りできます。 六角の宮で「美人弁天」に手を合わせてお願いするんですが、見るたびに違う微笑みを返してくれるんです。 本当ですよ!口元からやさしい微笑みが広がって、私も自然に笑顔になって、なんだか幸せな気分・・・。 もしかしたら、これも「弁天力」なのかもしれませんね。 (館林 : 71歳女性)

お友達に誘われてはじめて来ました。とても心安らぐ弁天様でした。いつまでも元気で美人で、弁天様に負けないようにがんばっていきます。(足利市 : 70歳代女性)

日本に1つしかないと聞き、是非行ってみたいと思いました。とても立派な言い伝えで感動しました。美人弁天はその名の通り女性にふさわしいかわいらしい神社です。是非また来たいです。(足利市 : 30歳代女性)

美しく気品のある弁天様です。こころ美しくなるようにと願ってきました。お茶とお菓子もとてもおいしかったです。ありがとうございました。(足利市 : 60歳代女性)

 
     


美人弁天ホームページはこちら