お店検索
 
  • ハウディーズ新着情報
  • お気に入りに追加

足利銘仙

足利銘仙とは

 大正から昭和にかけての女性の普段着として、また、お洒落着として日本全国に普及した"平織 絹織物"です。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の色を故意的にずらすことで、色の境界がぼけるような柔らかい見栄えとなり、これが当時の流行となりました。足利銘仙は常に高い生産量を誇り、昭和10年前後には全国一位となりました。今見ても古さを感じさせない斬新な"柄デザイン"、お手頃な価格、有名女優を起用したポスターや高島屋・三越などとの連携による宣伝力で、日本はもとより、世界に発信していました。

斬新なデザイン
奇抜な絵柄と大胆な色合いの斬新なデザインは、今見ても古さを感じさせないほど。図案や染めの職人を京から呼び寄せ、多くの図案家により実現されました。当時、社会進出をはかろうとする女性のお洒落に対する興味・関心をひきつけたといわれています。
お手頃な価格
生産機械の技術革新、原材料の大量仕入、新鋭デザイナーの起用などにより、安値を実現しました。
宣伝力
一流画家や有名女優を起用したポスターを刷り、地方にもダイレクトメールを送ったり、三越や高島屋と提携して陳列会を催すなど、日本各地はもとより、世界にも足利銘仙を発信していました。
  • 足利銘仙スタイルブックモデル
  • 足利銘仙スタイルブックモデル
  • 足利銘仙スタイルブックモデル
  • 足利銘仙スタイルブックモデル

足利銘仙スタイルブック

足利銘仙スタイルブック

 昭和初期に流行した足利銘仙の良さを知ってもらい、銘仙柄の商品を身につける文化を広めたいと、足利商工会議所が発行、ハウディーズ株式会社が制作した、足利銘仙の紹介と観光ガイドを組み合わせた冊子です。
 足利銘仙を着た地元モデルたちが、石畳通りや史跡足利学校、織姫神社など、歴史と文化のまち足利の名所を案内します。
 スタイルブックのモデルさんは、「美人の国 足利 総選挙2012」に出場した一般市民のみなさんです。

美人の国 足利 総選挙2012